ネットワークビジネスは本当に誰でも成功できるのか【成功できる人の特徴】

ネットワークビジネスのセミナーなどでは、誰でも成功ができるということがよく言われていますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

まずネットワークビジネス、つまり、マルチ商法を始めるにあたって理解しておかないといけないことは「世間のイメージが悪すぎる」ということです。

世間のイメージが悪すぎて、

  • その手のビジネス
  • その手の話
  • ねずみ講みたいなやつ
  • マルチまがいみたいなやつ

勧誘する時はこのように思われるのは必至です。

成功する為には、勧誘しまくってこの悪評高いネットワークビジネスを取り組む人を見つけないといけません。

これをうまく進めていくにはある要素が大いに関わってきますので、これから説明していきます。

スポンサードリンク

ネットワークビジネスに勧誘してくる人によっての心境の違い

freee151108178395-thumb-autox1500-19954

ネットワークビジネスは先にも述べたように悪評がかなりあり、ネットでもかなり叩かれているビジネスです。

そんなビジネスで成功しようと思えば、まずビジネスモデルがどうのこうのという前にまずこのビジネスに勧誘するあなた自身の信用度がとても重要となります。

例えば、あなたがネットワークビジネスに勧誘されたとします。

勧誘してきた人が、あなたの友達で、その友達は普段から貸したものも返さなかったり、口が軽く自分のプライベートなことでも平気で他人に話し、普段から信用がおけない人だったらどうですか?

  • 「あいつ変なねずみ講みたいなビジネス始めたんだな。」
  • 「あんなやつがやるビジネスなんて信用できるか。」

と思いませんか?

そして、ネット上で調べるとすぐに悪評なビジネスだと認知します。

「やっぱりあいつはロクな奴じゃないな・・」

と思って終わりです。

では、勧誘してきた人が、例えば、今まで飲食業で成功し、店舗もかなり多く展開し、ビジネスにおいても人間的にも信頼できる人からのお誘いだったらどうでしょうか。

仮にそれでもネットワークビジネスはやらないという選択をしたとしても、さっきの友達から勧誘された時と、心境は全然違うはずです。

さらにこの人がここまでいうビジネスなのだから、悪評があったとしても、今後どうなるのかわからないよな。

なんて少しポジティブに考えてしまうと思います。

ネットワークビジネスは悪評が高いのでまずはあなた自身の信用度が全て

このように悪評が高い、ネットワークビジネスにおいて、今ある人脈を勧誘しようと思うのなら、今まであなたがどのように生きてきたかということがとても重要な要素となります。

今まであなたがどれだけ今までの人脈に対して、信頼を勝ち取ってきているかが顕著に現れます。

あなたが今まで適当に人間関係を作っていたのなら、既存の人脈に声をかけても、あなたに対する信頼度が低いので、あなたがやっていることを信用してもらえないでしょう。

逆にあなたがこれまで、既存の人脈に対して、その人たちを大事にして、しっかり人間関係を誠実に作ってきたのであれば、「この人が言うなら、話をしっかり聞いてみるか」という風になります。

つまりあなたの人間的な信頼度が大きく成功に関わってくるということです。

怪しいビジネスを広げようと思ったら当然のことです。

スポンサードリンク

今までの信頼度が低いけどそれでも何とか成功したい人は

今までちゃらんぽらんに生きてきたのでこれまでの人脈には信頼がないけど、何とか成功したいと思われるのであれば、これから、誠実に生きていき、人脈を広げていくしかありません。

信頼おける誠実な人間となり、これから新しい人脈を作っていく作業が必要になります。

ただ、人間はすぐに変わることはできません。

さらにこれから新たな人脈を作っていくとなるとかなり時間もかかりますし、大変です。

お金と時間も相当かかります。

気が遠くなるような話です。

成功している人の特徴(まとめ)

ネットワークビジネスで成功している人の主な特徴は、

今まで生きてきた中でしっかり周囲の人から信頼を勝ち取っている人です。

「元大手銀行の支店長が年収○○○万円を捨ててネットワークビジネスへ!」

なんて言ったり書いたりしていますが、ハッキリ言いますと、

「だから成功できているんです。」

としか言えません。

ネットワークビジネスを始める前に、社会的地位をしっかり確立している人は本当にねずみ講でも成功できます。

だってその人のこと信頼しているから、その人がやることも信頼するからです。

このことを考えてネットワークであなたがこれから成功できるかできないか冷静に判断してみてください。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ