ネットワークビジネスを行う上で必要なものと必要経費

ネットワークビジネスを行う上では勧誘などに必要なものをある程度揃える必要があります。

全ては勧誘する為のものです。

そして、ビジネスでかかる経費も実はかなりかかります。

結局サラリーマンをしっかり一生懸命頑張った方が、お金的にはプラスになります。

では一緒に見ていきます。

スポンサードリンク

ネットワークビジネスを行う上で準備するもの

  • 名刺:人脈を作る為に、勧誘用に名刺を作ります。もちろんネットワーカー同士で交換する用の名刺も準備します。
  • 携帯電話、スマホ:今は持っていない人を探す方が難しいですね。
  • パソコン、DVDデッキ:勧誘用のDVDや資料DVDなどを複製できる環境が必要です。
  • FAX:勧誘する人の情報を事前にアップラインにFAXで流すことができます。
  • ダウンラインに準備する為の資料:ファイリングしてまとめたものをダウンに最初に渡して信用を得る為のもの
  • MLMや書籍など:勧誘用に渡したりする書籍などを準備する。
  • 製品カタログ:MLM会社から買う。
  • 所属グループのマニュアル:所属しているグループにマニュアルがある場合は買う。

などが必要です。

まだまだ出せばキリがないですが、ネットワークビジネスは結構準備もするし、忙しいです。

スポンサードリンク

ネットワークビジネスにかかる経費

freee151108088447_TP_V

  • 勧誘時にまとめ買いした時の製品代(0円~25万円くらい)
  • 毎月の製品購入代金(5000円くらい~)
  • セミナー参加費(1回300円~1000円くらい)
  • アフター代(食事代など合わせて1回1000円~5000円)
  • コンベンションなどの大きいイベント(チケット代金10000円くらい)
  • ハワイなどの海外研修(20万円ほど)
  • 自己啓発セミナー参加費(5万円~10万円ほど)
  • 書籍などダウンに渡す分などを考慮して購入(10000円~)

とにかくものすごい経費がかかります。

1ビジネスとして考えると少ない金額かもしれませんが、サラリーマンをやりながらなどの副業でかかる経費のレベルを超えています。

特にネットワークビジネスを行っていった先に見えるものを見に行くという名目で行われる海外研修などはかなり高額となります。

まだ稼げていないのに、海外に連れていかれ、上位会員が豪遊する姿をみせられます。

コンドミニアムに招待されたり、その時は楽しいですが、結局金を失って終わりです。

自己啓発セミナーなども半強制的にぶち込まれます。

そして、主宰会社のコンベンションなどには必ず行って当たり前となります。

これらイベント、セミナー参加による交通費などは本当に馬鹿になりません。

さらに、最初にまとめ買いしているにも関わらず、毎月製品の購入をしろという雰囲気を作ってきます。

まとめ

ネットワークビジネスをやろうと思えば、結構経費かかります。

元々凄い社会的地位のある人でなければ、成功はできませんので、結局多額のお金がぶっ飛んで終わりです。

時間もお金もかかり、嫌われるビジネスですので、結局人生においてプラスを作ろうと思えば、しっかり雇われて稼ぐか、ネットワークビジネス以外のビジネスで価値ある投資をして稼いでください。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ