ネットワークビジネスで洗脳されている人は勧誘を断るやつはバカだと思っている?【ネットワークビジネス勧誘体験談】

私には、ネズミ講にハマってしまった
友人に、参加を迫られたことがあります。

 

私と彼は、高校時代の同級生で、
中学校からの仲でしたが、高校卒業後は
別々の大学に進学することになり、
入学してから1年ほどは全く連絡を取らず、
疎遠になっていました。

 

しかし、大学2年生になったある日、
いきなり彼から連絡がありました。

 

久しぶりだったのもあり、お互いの
近況などを報告しあい、夕飯を一緒に
食べに行くことになりました。

そこで、約1年振りに彼と会いましたが、
見た目は高校時代とあまり変わって
いませんでした。

 

お互いあまり変わってないなー
という話もそこそこに、彼はちょっと
おかしなことを言い始めました。

スポンサードリンク

今欲しいものってあるか?

 

とりあえず、最低100個思い浮かべてみてくれ!

 

とのこと。

 

想像できる限りのことを伝えました。

 

車、バイク、服、ゲーム機、ほかに何かあるだろうか・・・。

 

何にせよ、100個思い浮かべるのは
キツいということを伝えると、だいたいの
人はそうだとの返答。

 

そして、その次には、

 

それらを手に入れるには、何が必要か?

 

との質問。

 

お金・・・?

 

そうだ!その通り!とほめられました。

 

何だこれ。

 

話を聞いていると、どうやら、彼は
そういうセミナー的なものに参加し、
考え方が変わったらしく、
その教えに従って、今お金を稼ぐために
活動しているようでした。

 

続けて、嬉しそうに話をする彼が私に
説明してくれているのは、どう見ても
ネズミ講。

 

本人は気づいていないのだろうか・・・。

 

それとなく質問してみるも、全く悪気が
あってやってる様子はなく、むしろ
私のことをビジネスパートナーとして迎えたい

 

(具体的には、ネズミ講の子供になるということですが)

 

と本気で思っている感じで、逆に恐ろしくなりました。

スポンサードリンク

悪いことをしてるかもしれない・・・

 

という認識がある人は、後々改善される
こともあるかもしれないですが、自分が
していることはとても良いことだと

 

思い込んでいたら、これをやめさせるのは
かなり困難ですよね、その人の邪魔をする人は、
全て悪という認識になってしまいそうですし。

 

結局、私はどうすることもできず、
やんわりと断って、その日は帰りました。

 

後日、何度か電話はありましたが、
出ないようにしていたら、かかって
くることはなくなりました。

 

「俺の誘いに乗らないなんて、バカな奴だ。」

 

ぐらいに思われてるのかもしれません。

 

彼がその後どうなったのかわかりませんが、
友人達に愛想を尽かされていないことを願うばかりです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ