会社の元取引先の人から将来不安を煽られ勧誘されました【ネットワークビジネス勧誘体験談】

元取引先の人脈からいきなり電話がありアポイントを取られネットワークビジネスへ勧誘された事例となります。

今回の事例からみても、懐かしい人から連絡があって、久しぶりにどうしたんだろう?と思ったら30%ほどマルチの勧誘を疑った方が良いでしょう。

まあ少し話すだけでわかりますけどね。

  • 新しく独立して事業を始めた
  • 将来不安を語る
  • 夢を語る
  • お茶しようなど誘ってくる
  • 具体的な日時を決められアポイントをとってくる

いきなりの電話連絡でこれらの傾向があればマルチ勧誘の可能性がかなり高まりますので注意が必要となります。

それでは今回の実例体験談です。

スポンサードリンク

1年後には月に100万円以上の収入となると言われました

先日懐かしい人から電話がありました

数年前に取引先の会社を辞められてそれから連絡を取っていなかった方です

他愛もな話を電話でした

少し時間がある時に俺の事務所でお茶でも飲まない?」

というお誘いがありました

恐らく独立して新しい仕事をはじめていてその仕事の話なんだろうと考えていました

数日後にアポを取り知人の事務所を訪れました

簡素な事務所です

meeting-1019768_960_720

まずは名刺交換をしましたが何をやっている会社なのか名刺を見るだけではわかりませんでした

今はどのような仕事をしているのか質問した途端にもう1枚名刺が出てきました

先ほどとは全く似つかない綺羅びやかな名刺です

その名刺には化粧品販売健康食品販売といったようなことが英語で記載されていました

彼はすぐに今はネットワークビジネスをやっているんだと話してきました

いわくネットワークビジネスの大半は怪しい物なのは事実だけれど自分のところは違う

そしてネットワークビジネスは加入するタイミングが非常に大事で儲けるタイミングで入ればかなり稼げるし自分が加入しているネットワークビジネスはまさに今そのタイミングにきているというのです

その後パソコンの画面をテレビに写してそのネットワークビジネスの商品がいかに優れていて信用性があるかという話を初めます

一通り話をしてきた後に年収を聞いてきます

正直に話すとその年収では老後への蓄えができないしこれからの日本では蓄えがないと年金だけではとても暮らしていけないよと不安を煽ってきます

言っていることはわかるのですが正直あまり気持ちの良いものもありませんでした

ただ彼の話が本当なのであれば現時点でも月に30万円程度はこのネットワークビジネスで稼いでいて1年後には月に100万円以上の収入となるようです

50歳になった後はアーリーリタイアするつもりだとも言っていてそれが本当であれば正直羨ましいとも感じてしまいます

話の流れとしては不安を煽り解決策を提示するというスタンスのでしょうから全面的に信用するわけにはいきません

今回はお世話になった人だから話を最後まで聞きましたがそうでなければ間違いなく中座していたでしょう

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ