悪夢の日々、ホームパーティーの連鎖は昔も今も変わらない【ネットワークビジネス勧誘体験談】

今回のネットワークビジネス、マルチ商法勧誘体験談は、何十年か昔の出来事です。

今はインターネットでの勧誘を許している会社などのマルチ会員はインターネットで勧誘していますが、基本的なリアルでの勧誘方法は結局昔も今も変わりません。。

そして世間のイメージは昔より今の方がさらに悪くなっています(ビジネスとして考えたらこれは大問題)。

マルチ商法は別に法律に違反したものではないにも関わらず、警視庁のHPでは悪質商法という位置づけにされています。

keishicho

出典:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

現在のマルチ商法(ネットワークビジネス)に対するイメージがこの警視庁のHPで読み取れると思います。

話が少し余談になりましたが、早速体験談にいってみましょう!

スポンサードリンク

【悪夢のような日々】今も昔も変わらない!ホームパーティー連鎖勧誘の実態

何十年も前の事ですがいわゆる海外から入ってきた有名な密封容器のマルチ商法で困ったことがあるという経験があります

それは今でも売られている商品ですがその頃にはとてもおしゃれで高級な品物というイメージがあり一般のスーパーなどの商店では売られていませんでした

購入することができるのはその商品を売ることができるディストリビューターという立場の人だけでした

その人がパーティーと呼ばれる数人から数十人を集めた販売会に参加すると購入できるというものでした

私が住んでいたマンションにもひとりそういうディストリビューターと呼ばれる人が居て我が家でそのパーティーをしないかと誘われたのが最初です

champagne-634644_960_720

パーティーを開くとその中から次のパーティーを開く人を見つけるのが彼女のやり方でした

パーティーを開くひとはたくさん友人を集めなくてはなりません

私はそれほどたくさん集めることができませんでした

彼女に悪いと思って私はたくさんその密封容器を買いました

スポンサードリンク

すると彼女はわたしに自分と同じディストリビューターになれば安く購入できるうえに誰かに売ればその○割が儲けになると言いました

何度も誘われてめんどうになったので私もディストリビューターになることにしました

ディストリビューターになるには最初にキットと呼ばれるセットを購入しなくてはなりませんでしたここまででもけっこうお金をつかいましたがそれからたいへんでした

ディストリビューターは毎週一度地区での集会に参加しなくてはならないのです

電車に乗ってその集会に参加して会で決まっている歌をみんなで歌って踊って先週の売上の多い順に主催者から褒められます

もちろん私は押し売りができなかったので自分で必要ないものでも購入して売り上げとしていました一年くらいそんなことを続けましたがあるときこんなばかなことはやめよう思ってきっぱりやめました

他の人を誘い込んでディストリビューターにすればその報奨金などもありましたが私はそれも嫌だったので他の人に迷惑をかけることはありませんでしたが今から思えば悪夢のような日々でした

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ