親戚の借金を肩代わりしてマルチ商法を辞めさせました【ネットワークビジネス勧誘体験談】

今回は親戚を必死でネットワーク
ビジネス、マルチ商法から救ったお話しです。

 

マルチ商法にドはまりしている人を
辞めさせるのはかなり困難なことなのですが、

 

今回しっかり数字を見て本人に現状を
理解させれた数少ない例かなとおもいます。

スポンサードリンク

【実例体験談】借金を肩代わりしてネットワークビジネスを辞めさせた事例

 

叔母が、ネットワークビジネスにはまっていた時のことです。

 

叔母は近くに住んでいなかったのですが、
ネットワークビジネスで借金をしているという話を
聞いていて、家族みんなで心配していたんです。

 

だけど、こちらに何の相談もない状況で話を
するのも間違っていると思い、見守ることにしました。

 

ところが、その叔母が一年ぶりくらいに電話を
してきたと思ったら、お金を貸してほしいという
内容だったんです。

 

これは一大事だと、わたしを含めた親戚何人かで
叔母のもとへ駆けつけました。

 

叔母は独身で一人暮らしなのですが、自宅は
その会社の製品で溢れていて、異様な感じがしました。

 

叔母がやっているビジネスの詳しい内容は
知りませんでしたが、どうやら化粧品や健康食品を
勧めるようなビジネスらしいのです。

 

その製品が、リビングにも山のように置いてありました。

 

叔母に

 

「捌ききれないのに、どうして買っているのか」

 

と訊ねると

 

「月々ノルマがある」

 

と答えました。

 

kaikomi1

 

ビジネスメンバーは、毎月30万ほどを
売り上げないといけないとのことでした。

 

自分が誘ったメンバーがそれぞれ幾らかでも
買ってくれたら自分の持ち出しはないのですが、
叔母のお客さんはほとんど買ってくれないとのことで、
叔母が自分で買い取らなければいけない状況に
なっていたんです。

 

更に分かったことは、このネットワークビジネスを
始める際に、「必ず元がとれる」と言って35万円の
ビジネスセットを買わされていたようです。

 

わたしは叔母の預金通帳や、これまでの出費などを
計算して、叔母に見せました。

スポンサードリンク

明らかな赤字にも関わらず、叔母は

 

「楽して月50万稼げる」

 

という言葉を信じていました。

 

ですが、すでにかなりの借金があり、
これ以上は危ないと判断して叔母をうちに
連れて帰りました。

 

借金は親戚達でお金を出し合って完済して、
叔母にはネットワークビジネスから足を洗うことを
約束してもらいました。

 

叔母は携帯電話の番号も変えて、
その会社とは二度と連絡をとらないと
約束してくれました。

 

あのままだったら叔母がどうなっていたか、
想像するだけで恐ろしいです。

スポンサードリンク

今回のケースについて

今回は親戚、身内がネットワークビジネスに
ハマってしまい、そしてノルマ達成のためだけに
製品を購入し、

 

結局身内に迷惑をかけたという事例でした。

 

ネットワークビジネスをやっている人からすれば、
おばちゃんが仕事をしていないからそんな
ことになるのだ。

 

しっかり勧誘活動をしていない。仕事を
していないにも関わらず、収入を求めるな!

 

みたいなことを思うことでしょう。

 

ただなぜ、買い込んでいるおばちゃんを
同じグループの人は止めないのでしょうか。

 

ということです。

 

ネットワークビジネスをやっている人は
自己責任ですから、買い込みしている
ことを止める人はほとんどいません。

 

実際本当に本気でビジネスをやろうとか
ビジネスパートナーとして一緒にやろうと
いうのであれば、

 

わざわざ赤字なのにさらに買い込むとか
ビジネスのビの字も知らないただの
ド素人です。

 

このあたりは人間の本質的な部分に
関わることなので、おそらくこれからも
改善していくことはおそらくないでしょう。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ